忍者ブログ
徒然と、思うが侭に小説を書くサイト。
[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ボク一人で、ティガレックスもアカムトルムも倒したことがあるんだニャ! すごいニャ? すごいニャ?」
『凄すぎですよー! そんな怖そうな名前のモンスターを一人で倒しちゃうなんて!」
「へへんっ、だニャ」

自慢そうに鼻を鳴らし、ナズナの隣を歩いているネコの名前は、オタマ。
片方がドングリのような形をした木槌を肩に乗せ、これまたドングリをくりぬいたような鎧を着た、恰幅の良いネコである。
アイルー科アイルー目。メガネのようなぶちが顔にあるのが特徴だ。

「ちなみに、ボクが本気を出せばエスピナスもリオレウスもイチコロだニャ!」
『うわーっ! うわーっ!』

オタマの武勇伝に、目をキラキラさせっぱなしのナズナ。
実は、名前を言われても全然想像できていなかったりするのだが、
村から出たことのない彼女にはすべてが新鮮なのである。
寛大な心で許してあげよう。

『じゃあじゃあ、ちょっとお願いがあるんですけど、いいですかネコさん?』
「ニャ、なんでも言ってみるニャ。ちなみにオタマニャ」
『ネコさんに、この先の村まで一緒に来て欲しいんですよー。一人じゃ心細くって』
「この先って、どこまでニャ? だからオタマニャ」
『ユングって名前の村までです。大きな木が目印らしいんですけど』

今まで笑顔で受け答えしてたネコは、そのままの顔で凍ったように固まった。
そのうちに全身から滝のような汗が噴出し、そこだけ局地地震が起きたようにブルブルと震えだす。

「あ、あ、あそこに行くのかニャ!?」
『えぇ、そうなんですけど・・・どうかしたんですか?』
「やめるニャ! あそこは危険だニャ! 行くと死ぬニャ!」

頭上にハテナマークを浮かべるナズナをよそに、ニャーニャーと騒ぐネコ。
どうやら彼には、寛大な心は持ち合わせていなかったようである。残念!

『でも、そこに行かないとご飯もお布団も何もないし、本当の両親さえ見つからない・・・』
「うニャ・・・」

うなだれる人間の少女の様子にたじろぐアイルー。
今にも泣き出しそうな顔を下から見上げ、何度も逡巡した結果。

「しょ、しょうがないニャ・・・一緒に付いてってやるニャ! でもこれっきりニャよ!」
『あ・・・ありがとうネコさん!』
「オタマニャ!」

一人と一匹の物語は、まだまだ続く。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/11 なつき]
[07/11 海栗]
[07/09 なつき]
[07/08 海栗]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
緋山夏輝(HN)
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/01/18
自己紹介:
好きなもの:いろいろ
嫌いなもの:いっぱい
週に数回は更新できるよう頑張ります!(ぺこり
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析