忍者ブログ
徒然と、思うが侭に小説を書くサイト。
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

深夜の街は騒々しい。それが歓楽街ならば尚更だ。
店先を綺麗に彩る色とりどりのネオンがアスファルトに降り注ぎ、客寄せとサラリーマンたちに虹色の光を浴びせかけている。

 「いらっしゃいいらっしゃい。お兄さん、カワイイ子がたくさん揃ってるよ!」
 「よーし、今日は奮発三千円出血大サービスだ。入っていかないと損だよ!」

舌先三寸の物言いに、スーツ姿が何組も吸い込まれては消えていく。
数時間後には、ねじりはちまきを頭に括った泥酔状態のシャツ姿か、身ぐるみ剥がされパンツ一枚になった男共が吐き出されるはずだ。
それを見るここの住人たちが、その様をクスクスと笑う。笑うだけ笑い、足もそのままに歩いていく。
誰も彼らを助けやしない。なぜなら、ここではよくある風景のひとつだからだ。

そしてもうひとつ。ここ最近生まれたよくある風景が、喧騒と怒号と一緒に街へと飛び込んできた。
見るからに未成年な少年少女たちが、寄ってたかって一人を囲んでいるのだ。
囲まれているのは男のようだが、髪は伸び放題で薄汚く、コートのような服を羽織っているも、何週間も洗っていないかのように茶色くなっていて、元の白さは見る影もない。
そんな浮浪者然としたみすぼらしい男を、四、五人が一方的に叩きのめしていた。
 「ねぇねぇおっさん、俺たち貧乏でさぁ。何か恵んでくれねぇかなぁ?」
 「あたしィ、知り合いに臓器バイヤーがいるんだァ。腎臓の一つや二つなら、高く買ってくれるかもよォ?」
それじゃあ全部なくなっちまうだろ、と取り巻きの少女の言葉を笑いながらも、男を蹴る力が衰える様子はない。

そう。金目の物を出してくるまで、少年たちの暴行の嵐は、文字通り死ぬまで止まりはしないのだ。

このようなことが、日本だけでももう何十何百と起きている。明るみに出ていないものも含めれば、まさに数え切れないくらいの事が、毎日のように起きているのだ。
そしてこの光景も、その中のひとつにすぎない。それでもやはり、誰も彼を助けようとはしなかった。

誰もそんな面倒なことはしたくないし。
誰も親切心で災難に遭いたくはない。
だから誰もが眼を逸らし。
だから誰もが笑いあう。
これは自分のいる世界で起きている出来事であるはずがない、と意図的に意識を外へ逃がしているかのように。

そんなとき、現状に変化が訪れた。袋叩きにされながら「やめてください」と懇願していた男が、懐からひとつの小さな黒い箱を取り出したのだ。
それを見た少年少女は態度を一変。「最初から出せば良かったんだよ」と言って乱暴に奪い取り、口々に唾と罵声を男に吐きかけて去っていく。
それを見ていた野次馬たちも、口々に「かわいそうにねぇ」「え~もう終わりなの~」などと無責任に言い残して、その場から離れていく。

後に残されたのは、ぼろ雑巾のように倒れている男が一人。
だけど彼は生きている。たとえ現在も過去も、そして未来さえも不幸だとしても、それでも彼は生きている。
アスファルトに倒れ伏す背中に、煌々と夜の闇を照らし続ける不夜城のネオンライトが、励ますように当たっていた。

ここは夜の歓楽街。酒と女と暴力が、弱者を蹂躙する世界。
指環を巡る物語は、ここから終わりの始まりを迎える。

PR
口の中にある血肉と毛の塊を吐き出し、臨戦態勢に入る。
姿勢を低く、風を切るように、だが獲物から目を離さずに。

『ネ、ネコさん! あ、あれ、なんか口元がにや~って笑いましたよ!?』
「!!!!」

最初の一歩を踏み出す。
獲物は怯え震えているのか、その場から動き出そうとしない。
なんという好都合。
歓喜で顎がはずれてなくなってしまいそうだ。

『ど、ど、どうしましょうネコさん! はや、早くあれを倒しちゃってくださいよ!! 楽勝なんでしょう!?』
「無理ニャ・・・あんなのに勝てるわけ無いニャ・・・」
『ええっ!? どういうことなんですかっ!?』

一歩を踏み出せば後は簡単。
一直線に駆け寄り、そのカラダを引き裂き食い千切り、中に詰まった臓腑と血汁を喰らい尽くすのみ。

「実はボク・・・戦ったことなんてないニャ・・・! ファンゴだって、ランポスだって、見つからないように全部逃げてきたのニャ!」
『じゃ、じゃあ・・・あの話は・・・』
「嘘ニャ! 全部嘘ニャ!! そもそも、ボクはユングから来たから、戻りたくなかったのニャ!」

涙を流して座り込み、泣き叫ぶネコ。
その様子に慌てて、おろおろとするニンゲン。

その柔らかそうな二つの肉の塊に己の牙を突き立てようと、トカゲは空高く飛び上がり・・・・・・

落下軌道に入った瞬間、横合いから破裂音と共に何かに撃ち抜かれた!!
それから数時間後。
昼食を摂ったり雑談したり、草食で温和なモンスターであるポポを一緒に観察したりと、
一人と一匹ののんびりした旅路は、まだまだ続いていた。

そして、太陽が傾きかけた頃・・・・・・
辺りはいつの間にか、見渡せるほどの大平原から、小山と緩やかな勾配の丘陵地帯へと変わっていた。

『なんだか平和ですねぇ~。本当に怖い恐竜とか出てきたりするんですか?』
「そうニャねぇ・・・。いつもなら、ランポスやファンゴといった狂暴なヤツも出てくるはずニャんだけど・・・」

やけに静かすぎるニャ。
そう言いながらキョロキョロと辺りを見回すオタマ。

『今日は巣の中でお休みしてるんじゃないんですかねぇ? 私たちも休憩しましょうよネコさん~』
「何を暢気なこと言ってるニャ。こういうときこそ危険は付き物ニャよ? あと、それからボクの名前はオタマニャと・・・」

そのとき。

「GYAAAAAAAAWWWWWOOOOOOOOOOOO!!!」

耳をつんざくような鳴き声が、小山の一角から響き渡った。
そして現れるは、青白の鱗を持ち二本足で立つ、爬虫類の親分的存在。

「ど、ど、ど、ど」
『ど?』
「ドスランポスニャ!?」

ドスランポス。
ランポスと呼ばれる、二足歩行が出来るトカゲたちのリーダーである。
強靭な脚と鋭い爪牙、背後から迫り来る狡猾さも持ち合わせ、時に集団で襲い掛ってくる恐ろしい生物だ。
また、様々な環境に適応できる能力も持ち合わせており、雪山では凍結能力を持つギアノス、砂漠では麻痺能力を持つゲネポス、火山では猛毒能力を持つイーオスと、名前と体色と体の一部を変化させて、世界各地に出没する。
そして、それぞれの名前の頭に「ドス」の文字を冠する者が、その群れを率いる資格を持つことを表している。

遠くの小山から姿を現したドスランポスの口には、大きなイノシシが血を流しながら銜えられていた。
すでに絶命しているらしく、ピクリとも動かないその巨体を、顎の力だけでガリガリと噛み砕いている。
牙が立つたび、臓物の赤色が緑の大地を朱に染め上げられていく。

「でも、ファンゴを喰うドスランポスなんて、聞いたことないニャ・・・それに、あの大きさ・・・化け物ニャ・・・」

そう。
肉食と呼ばれるランポス種の主な食料は、飛竜種の卵と草食の大人しいモンスターなどである。
同じ肉食であり仕留めるのが困難な、牙獣種であるファンゴを狙うことは極めて稀・・・いや、ほぼないと言ってもよい。
そして、その体躯。
通常ならば人間とほぼ同じ高さであるはずなのに、遠めからでも視認できるほどに大きい。
一回りや二回りでは感じられないほどの威圧感は、やはりバケモノの一言に尽きよう。

そのバケモノが今、新たな獲物を見つけたのである。
喉を低く唸らせ、涎を垂れ流し、獰猛な目をさらに輝かせて見る先には・・・

『ネコさん、なんかあのトカゲ・・・私たちを見てる気がするんですけど・・・?』
「ハハハハ、そんなわけがないニャ。もしそうだとしても、このボクがやっつけてやるニャ」
『そう言いながら・・・なんか震えてますよネコさん。しかもアレ、こっちから目を逸らしませんよ?』
「ハハハハ、これは武者震いニャ。ついでに言うなら、ボクは怖くもなんともないニャ。く、来るならかかってこいニャ」

引きつらせた笑顔を貼り付けたネコと、困惑した様子のニンゲンがいた。
ナズナ@主人公。

ドジで、信じやすくて、元気いっぱいな16歳の女の子。
モンスターの「モ」の字も知らない、この世界では箱入り娘的な育て方をされた。

色々と巻き込まれやすく、また首を突っ込みやすい。
残された不思議なネックレスを頼りに、名前も顔も知らない両親を探しにユング村へと旅立つ。

主な武器は未定。
もしリクエストなどあれば、それを参考にさせていただこうかと思います。
なければ・・・・・・下手したらオリジナル武装になるかもしれません。

・・・

ツェラシェリア大陸@舞台。

この星で最大級の面積を誇る大陸。その一部分を開拓して、今の人類は生活している。
後に、この大陸を舞台にして様々な物語が展開されることになるのだが・・・
今はまだ、ナズナの物語にお付き合いくださいませ~。

・・・

ユング村@ベースタウン。

大きな木の根元に広がる、これまた大きな村。
アットホームな雰囲気で、村人全員が家族のようなもの。もちろん、旅人・流れ者も大歓迎。
ハンターの斡旋とその他支援を執り行う、ハンターズギルドが存在する。
ここをメインにするハンターも多く、曰く「なんか癒される」らしい。

名前の元ネタは、北欧神話に登場する世界樹「ユグドラシル」から。
モンハンの名前ネタが『和風』『洋風』『中華』『アイヌ系』と来てるのだから、
そろそろ北欧神話にまで手を出してきても良い頃合だよね!! ということで考案・採用。

・・・

この小説のテーマは、「モンスターハンターを知らない人にも分かりやすい内容」を主軸にしています。
舞台背景やモンスターなどの特徴は、MHF(モンスターハンターフロンティア)やMHP2G(モンスターハンターポータブル2ndG)を参考にし、
それを踏まえた上で、コミカルに、そしてエロく。たまにバトルものっぽかったりハートフルな内容だったりと、
かなり節操なしなストーリー展開を見せていく予定です。
正直、アルカナイツ並に果てしなくなりそうな予感がします。マジ恐ろしい。
「ボク一人で、ティガレックスもアカムトルムも倒したことがあるんだニャ! すごいニャ? すごいニャ?」
『凄すぎですよー! そんな怖そうな名前のモンスターを一人で倒しちゃうなんて!」
「へへんっ、だニャ」

自慢そうに鼻を鳴らし、ナズナの隣を歩いているネコの名前は、オタマ。
片方がドングリのような形をした木槌を肩に乗せ、これまたドングリをくりぬいたような鎧を着た、恰幅の良いネコである。
アイルー科アイルー目。メガネのようなぶちが顔にあるのが特徴だ。

「ちなみに、ボクが本気を出せばエスピナスもリオレウスもイチコロだニャ!」
『うわーっ! うわーっ!』

オタマの武勇伝に、目をキラキラさせっぱなしのナズナ。
実は、名前を言われても全然想像できていなかったりするのだが、
村から出たことのない彼女にはすべてが新鮮なのである。
寛大な心で許してあげよう。

『じゃあじゃあ、ちょっとお願いがあるんですけど、いいですかネコさん?』
「ニャ、なんでも言ってみるニャ。ちなみにオタマニャ」
『ネコさんに、この先の村まで一緒に来て欲しいんですよー。一人じゃ心細くって』
「この先って、どこまでニャ? だからオタマニャ」
『ユングって名前の村までです。大きな木が目印らしいんですけど』

今まで笑顔で受け答えしてたネコは、そのままの顔で凍ったように固まった。
そのうちに全身から滝のような汗が噴出し、そこだけ局地地震が起きたようにブルブルと震えだす。

「あ、あ、あそこに行くのかニャ!?」
『えぇ、そうなんですけど・・・どうかしたんですか?』
「やめるニャ! あそこは危険だニャ! 行くと死ぬニャ!」

頭上にハテナマークを浮かべるナズナをよそに、ニャーニャーと騒ぐネコ。
どうやら彼には、寛大な心は持ち合わせていなかったようである。残念!

『でも、そこに行かないとご飯もお布団も何もないし、本当の両親さえ見つからない・・・』
「うニャ・・・」

うなだれる人間の少女の様子にたじろぐアイルー。
今にも泣き出しそうな顔を下から見上げ、何度も逡巡した結果。

「しょ、しょうがないニャ・・・一緒に付いてってやるニャ! でもこれっきりニャよ!」
『あ・・・ありがとうネコさん!』
「オタマニャ!」

一人と一匹の物語は、まだまだ続く。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/11 なつき]
[07/11 海栗]
[07/09 なつき]
[07/08 海栗]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
緋山夏輝(HN)
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/01/18
自己紹介:
好きなもの:いろいろ
嫌いなもの:いっぱい
週に数回は更新できるよう頑張ります!(ぺこり
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析