忍者ブログ
徒然と、思うが侭に小説を書くサイト。
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

深夜の街は騒々しい。それが歓楽街ならば尚更だ。
店先を綺麗に彩る色とりどりのネオンがアスファルトに降り注ぎ、客寄せとサラリーマンたちに虹色の光を浴びせかけている。

 「いらっしゃいいらっしゃい。お兄さん、カワイイ子がたくさん揃ってるよ!」
 「よーし、今日は奮発三千円出血大サービスだ。入っていかないと損だよ!」

舌先三寸の物言いに、スーツ姿が何組も吸い込まれては消えていく。
数時間後には、ねじりはちまきを頭に括った泥酔状態のシャツ姿か、身ぐるみ剥がされパンツ一枚になった男共が吐き出されるはずだ。
それを見るここの住人たちが、その様をクスクスと笑う。笑うだけ笑い、足もそのままに歩いていく。
誰も彼らを助けやしない。なぜなら、ここではよくある風景のひとつだからだ。

そしてもうひとつ。ここ最近生まれたよくある風景が、喧騒と怒号と一緒に街へと飛び込んできた。
見るからに未成年な少年少女たちが、寄ってたかって一人を囲んでいるのだ。
囲まれているのは男のようだが、髪は伸び放題で薄汚く、コートのような服を羽織っているも、何週間も洗っていないかのように茶色くなっていて、元の白さは見る影もない。
そんな浮浪者然としたみすぼらしい男を、四、五人が一方的に叩きのめしていた。
 「ねぇねぇおっさん、俺たち貧乏でさぁ。何か恵んでくれねぇかなぁ?」
 「あたしィ、知り合いに臓器バイヤーがいるんだァ。腎臓の一つや二つなら、高く買ってくれるかもよォ?」
それじゃあ全部なくなっちまうだろ、と取り巻きの少女の言葉を笑いながらも、男を蹴る力が衰える様子はない。

そう。金目の物を出してくるまで、少年たちの暴行の嵐は、文字通り死ぬまで止まりはしないのだ。

このようなことが、日本だけでももう何十何百と起きている。明るみに出ていないものも含めれば、まさに数え切れないくらいの事が、毎日のように起きているのだ。
そしてこの光景も、その中のひとつにすぎない。それでもやはり、誰も彼を助けようとはしなかった。

誰もそんな面倒なことはしたくないし。
誰も親切心で災難に遭いたくはない。
だから誰もが眼を逸らし。
だから誰もが笑いあう。
これは自分のいる世界で起きている出来事であるはずがない、と意図的に意識を外へ逃がしているかのように。

そんなとき、現状に変化が訪れた。袋叩きにされながら「やめてください」と懇願していた男が、懐からひとつの小さな黒い箱を取り出したのだ。
それを見た少年少女は態度を一変。「最初から出せば良かったんだよ」と言って乱暴に奪い取り、口々に唾と罵声を男に吐きかけて去っていく。
それを見ていた野次馬たちも、口々に「かわいそうにねぇ」「え~もう終わりなの~」などと無責任に言い残して、その場から離れていく。

後に残されたのは、ぼろ雑巾のように倒れている男が一人。
だけど彼は生きている。たとえ現在も過去も、そして未来さえも不幸だとしても、それでも彼は生きている。
アスファルトに倒れ伏す背中に、煌々と夜の闇を照らし続ける不夜城のネオンライトが、励ますように当たっていた。

ここは夜の歓楽街。酒と女と暴力が、弱者を蹂躙する世界。
指環を巡る物語は、ここから終わりの始まりを迎える。

PR

宮那市は、中央に流れる大きな川を挟んだ2つの街を総称した呼び方です。


東にある前宮那(さきみやな)は、主に住宅と昔からある商店が立ち並び、全体的に閑静な雰囲気を醸し出しています。
さらに、南は水田、もっと東へ行けば大自然の残る山々があり、住むことに重点を置いた街づくりとなっています。
幹斗たちが通う宮那学園もこちらにあります。


西にある後宮那(あとみやな)は、役所や公共施設、娯楽や商業などが集中した現代的な街並みになっています。
歓楽街や、宮那市で唯一の駅があるなど、その発展は目覚しいものがあり、いまだ開発が進んでいます。
最近になって新しく出来た大型ショッピングセンターは大変な賑わいを見せており、店の中でも外でも人ごみに溢れているという盛況ぶり。
しかし、それゆえに問題も多く、各メディアからあらゆる意味で注目を受けています。


そして、中央に流れる宮川(みやがわ)と、2つの宮那を繋ぐ三本の橋。
交通の要であり、一番大きな「宮那大橋」
下流にあり、宮那大橋に次いで大きい「二宮大橋」
そして、上流にポツンとあり、片側一車線しかない「宮川橋」


静と動が混在する街。 それが宮那市です。

平岡康宏(ひらおか・やすひろ)

宮那市を騒がせる悪童。19歳。
後宮那の廃ビル街を根城にする、少年窃盗団のリーダー。
とは言え、その性格は凶悪・狂暴ではなく、王者としての気質と凛とした覇気を纏っている。
大柄な体躯で、茶髪に耳にあけた大きなピアス、腰に下げた二振りのサバイバルナイフが印象的。
ある日、部下の一人から黒くて小さい箱を手渡され、その中の指環を嵌めた瞬間から物語が始まる。

アルカナは吊人。其は欲望の使者。其は転換を司る者。


加賀美茉魚(かがみ・まな)

宮那学園の高等部三年生。18歳。
和佳以上に積極的な性格で、自分が好きになった相手には文字通り体当たりで愛情表現をする。
背丈も顔つきも幼すぎるほどで、とても幹斗たちよりも年上には見えない。
甘い物好きで、いつもキャンディなどを頬張っているというのも印象深い。まさに愛玩動物。
アイスが大好物。エーデルワイスという銘柄を好んで食べている。


加賀美勇魚(かがみ・いさな)

宮那学園の高等部一年生。16歳。
茉魚の弟で、活発的過ぎる性格の姉を持ったことから、かなりの苦労人である。
が、それを感じさせるような空気は出さず、軽めに振舞っているようである。
背が高く髪も明るめに染めていて、パイポを口にくわえているので誤解を受けやすい。停学暦はナシ。
辛めのものを好み、「リラッポ:ハードミント味」を愛飲している。


浮浪者の男

白衣のようなものを着ているようだが、どこで何をしていたか不明。年齢は40歳前後。
長い間転々としていたのか、その白さは見る影もなく、茶色く黒い染みが目立つ。
髪もボサボサで酷い有様だが、その眼は生きる意志に満ち溢れている。
雨矢幹斗(あめや・みきと)

宮那学園の高等部二年生。17歳。
のんびりした両親のもとで生まれ、優しく温和な性格のまま成長した。
そのためか、どんな形であれ、人を傷つけることを避ける傾向にある。
騒がしい幼馴染や友人たちに囲まれ、楽しい学園生活を送っていたのだが、
ふとした拍子に指環の入った黒い箱を拾ってしまう。

アルカナは愚者。無知が故に知を求め、其は信念となる。


黒野綾(くろの・あや)

黒野家の令嬢。18歳。
生まれつき視力がゼロに等しく、幼い頃、自宅で塞ぎ込んでいたときに指環と出会う。
とある人物からの贈り物らしいのだが、詳しくは不明。それ以来、頻繁に外出するようになる。
年齢以上に落ち着いた性格で、黒い長髪をたなびかせる姿は、まさに良家のお嬢様。
ただ、恐ろしいまでのおっちょこちょいで、何も無いところで盛大に転ぶのが特徴である。

アルカナは運命の輪。車輪は不可避を呼び込む。其は幸か不幸か。


水希和佳(みずき・わか)

宮那学園の高等部二年生。17歳。
幹斗の幼馴染であり、明るく活発な性格。大学教授の父と二人暮し。母親とは死別している。
雨矢家とはお隣さんの間柄で、水希父が不在のときには、泊まりに来ることもしばしば。
幹斗に淡い恋心を抱いているようだが、なかなか気付いてもらえないでいる。
感情表現が多少オーバー気味ではあるが、それも相まって学園内での人気は高い。
それは、22の指環を巡る、22の人間の物語。

・・・

時は現代。世界はゆるやかに、狂気と絶望の道を辿っていた。
各地で起こる破壊活動やカルト宗教は活発化し、貧困、石油危機、自然災害、自爆テロ・・・
事故も事件も自殺も他殺も飽和状態なのに繰り返し繰り返し重ねていくキリングラッシュ。

それは、極東の小さな島国であるこの日本にも大きな波紋を起こし、
各地で身体的・精神的殺人が、日夜関係なく行われているのが現状である。

・・・

宮那(みやな)市に住む主人公、雨矢幹斗(あめや・みきと)は、平凡な家庭に生まれ、平凡に育ち、平凡に日々を過ごす高校2年生である。
幼馴染みで腐れ縁の少女や、暢気でゆったりとした性格の両親に囲まれ、何もないが幸せな生活を送っていた。

そんな、平々凡々という言葉が似合う少年の人生に、唐突で不可避な転機が訪れた。

曲がり角から出てきた人物とぶつかった拍子に拾ってしまった、黒くて小さい箱。
その中に嵌っていた、たったひとつの小さな指環。
そして、横断歩道で盛大に転んだ、盲目の少女との出会い。

それらは偶然なのか。
それとも、偶然という名の必然なのか。

すべては指環のみぞ知る。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/11 なつき]
[07/11 海栗]
[07/09 なつき]
[07/08 海栗]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
緋山夏輝(HN)
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1985/01/18
自己紹介:
好きなもの:いろいろ
嫌いなもの:いっぱい
週に数回は更新できるよう頑張ります!(ぺこり
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析