忍者ブログ
徒然と、思うが侭に小説を書くサイト。
[13] [12] [11] [10] [9] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

深夜の街は騒々しい。それが歓楽街ならば尚更だ。
店先を綺麗に彩る色とりどりのネオンがアスファルトに降り注ぎ、客寄せとサラリーマンたちに虹色の光を浴びせかけている。

 「いらっしゃいいらっしゃい。お兄さん、カワイイ子がたくさん揃ってるよ!」
 「よーし、今日は奮発三千円出血大サービスだ。入っていかないと損だよ!」

舌先三寸の物言いに、スーツ姿が何組も吸い込まれては消えていく。
数時間後には、ねじりはちまきを頭に括った泥酔状態のシャツ姿か、身ぐるみ剥がされパンツ一枚になった男共が吐き出されるはずだ。
それを見るここの住人たちが、その様をクスクスと笑う。笑うだけ笑い、足もそのままに歩いていく。
誰も彼らを助けやしない。なぜなら、ここではよくある風景のひとつだからだ。

そしてもうひとつ。ここ最近生まれたよくある風景が、喧騒と怒号と一緒に街へと飛び込んできた。
見るからに未成年な少年少女たちが、寄ってたかって一人を囲んでいるのだ。
囲まれているのは男のようだが、髪は伸び放題で薄汚く、コートのような服を羽織っているも、何週間も洗っていないかのように茶色くなっていて、元の白さは見る影もない。
そんな浮浪者然としたみすぼらしい男を、四、五人が一方的に叩きのめしていた。
 「ねぇねぇおっさん、俺たち貧乏でさぁ。何か恵んでくれねぇかなぁ?」
 「あたしィ、知り合いに臓器バイヤーがいるんだァ。腎臓の一つや二つなら、高く買ってくれるかもよォ?」
それじゃあ全部なくなっちまうだろ、と取り巻きの少女の言葉を笑いながらも、男を蹴る力が衰える様子はない。

そう。金目の物を出してくるまで、少年たちの暴行の嵐は、文字通り死ぬまで止まりはしないのだ。

このようなことが、日本だけでももう何十何百と起きている。明るみに出ていないものも含めれば、まさに数え切れないくらいの事が、毎日のように起きているのだ。
そしてこの光景も、その中のひとつにすぎない。それでもやはり、誰も彼を助けようとはしなかった。

誰もそんな面倒なことはしたくないし。
誰も親切心で災難に遭いたくはない。
だから誰もが眼を逸らし。
だから誰もが笑いあう。
これは自分のいる世界で起きている出来事であるはずがない、と意図的に意識を外へ逃がしているかのように。

そんなとき、現状に変化が訪れた。袋叩きにされながら「やめてください」と懇願していた男が、懐からひとつの小さな黒い箱を取り出したのだ。
それを見た少年少女は態度を一変。「最初から出せば良かったんだよ」と言って乱暴に奪い取り、口々に唾と罵声を男に吐きかけて去っていく。
それを見ていた野次馬たちも、口々に「かわいそうにねぇ」「え~もう終わりなの~」などと無責任に言い残して、その場から離れていく。

後に残されたのは、ぼろ雑巾のように倒れている男が一人。
だけど彼は生きている。たとえ現在も過去も、そして未来さえも不幸だとしても、それでも彼は生きている。
アスファルトに倒れ伏す背中に、煌々と夜の闇を照らし続ける不夜城のネオンライトが、励ますように当たっていた。

ここは夜の歓楽街。酒と女と暴力が、弱者を蹂躙する世界。
指環を巡る物語は、ここから終わりの始まりを迎える。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/11 なつき]
[07/11 海栗]
[07/09 なつき]
[07/08 海栗]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
緋山夏輝(HN)
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/01/18
自己紹介:
好きなもの:いろいろ
嫌いなもの:いっぱい
週に数回は更新できるよう頑張ります!(ぺこり
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析